癒しのサロンオープンまでとその後の情熱の心音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅立つ若人達

今日は職場のIちゃんとSちゃんが最後の日でした。
最後のお食事をしました。

Iちゃんへ
私は優しくされると弱いって言っていた貴女
それは取りも直さず貴女がずっと優しさだけを味わってきた訳では無いこと。
そして貴女自身が人の痛みを分かる優しい子だと言う証明でもあると想う。
静かで優しさを感じさせる佇まいが好きでした。
静かな闘志も感じられこれからが楽しみですね。
その優しさをもっと強くしてゆけば最高ですよね。
何処に言っても貴女の光は輝く筈ですから・・・・。
ほんの一瞬だったけど時間と空間を分かち合えた事忘れません。
ありがとう!!これからも頑張って下さいね。

Sちゃんへ
貴女は本当に瞬間瞬間を楽しむすべを知っている。
どんな状況下においてもそれを出来るのは凄い事です。
自分が失ったと思うことよりも今与えられているものを充分味わいそれを
享受する姿には頭が下がります。
本当に強いんですね。
ピンクが好きな人は愛溢れる人。
愛を一杯これからも皆に振りく貴女の周りは暖かな空気が漂います。
体に充分気を付けてね。
無理せずに自分を労わりつつ頑張って行ってくださいね。
貴女と出逢えた事に感謝します。
ありがとう!!
2005年7月1日真実の日記から
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。