癒しのサロンオープンまでとその後の情熱の心音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

未来への掛け橋

病を得てた私は其処から少しずつ元気を取り戻してゆく中たった一人でもこの手で
癒せたならこの命惜しくは無いとそう思った。
大げさだけど其の当時は真剣にそう思ったのでした。
其処から今にいたる道程は結構ハードで厳しいものでした。
今の職場でも1年の内に入院手術を2回もしたのです。其の内一つは癌でした。
毎日未来に向けて歩み続けているものの進んでいるのか後退しているのかさえ分からない時もありました。
地固めは必要だと言っても自分が今どのあたりに居るのかさえ全く分からず焦りや絶望感まで覚えたものでした。
此の頃ようやく想いが少しずつ形となって現れ始めました。
ようやくです。未来のビジョンもはっきりと見えてきました。
誰の力も借りずたった一人でこつこつと自分の力を信じて突き進んでゆくだけです。でもだからこそしっかりと未来への掛け橋が築かれるのだと思います。
今行けども行けども光が見えてこないあなたでもきっと自分で気がつかないだけで
もう直ぐ想いは形となってゆくと思います。
諦めないで自分を信じて何処を歩いていても其の先の光はもっともっと輝いています。
2005年5月20日(金) 真実の日記から






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。